下半身やせに効く筋トレを知っておこう

 

体から余分な脂肪を追い払うのに、よくおススメとされるのは、有酸素運動です。

 

息があがらない程度の運動を長時間続けるものです。具体的には、ウオーキング、サイクリング、スイミングなどです。

 

呼吸が追い付かないような激しいものを短時間するのは無酸素運動といわれます。「筋トレ」といわれるようなものが典型的でしょう。

 

体を動かし始めると、最初は血液に溶けた脂肪がエネルギー源として使われます。これが20分、30分続くと、ようやく皮膚の下などに蓄えられた体脂肪が使われるようになるのです。

 

無酸素呼吸では、そこまで続かないのです。

 

が、全く無駄なわけではありません。無酸素呼吸の方が効率よく筋肉を増やすことができます。筋肉の量が増えると、何もしていない時でもエネルギーの消費量が増えます。

 

基礎代謝がアップする、というのはこのことを指しています。

 

とくに下半身やせを考えているのならば、太ももやふくらはぎに集中して、筋トレをやってみましょう。

 

太ももの筋トレとして、おススメなのはスクワットです。とってもシンプルで、場所も必要ありません。

 

ポイントは動作をゆっくり目にすることです。さっさと上下動するだけでは効果はありません。

 

最初は無理をせず、一日5〜10回をめどにしましょう。慣れてくれば増やせばいいのです。

 

ふくらはぎの筋トレも簡単なものがあります。

 

壁に向かって立ち、両手をつきます。で、片足を地面から上げ、もう一方でつま先立ちします。それを、かかとが付く直前までおろし、上げます。この繰り返しです。左右を変えて数回やりましょう。